公認会計士の資格取得

公認会計士公認会計士とは、どんな仕事で、どのように資格をとるかご存知でしょうか。そもそもどんな職場で活躍することができるのでしょうか。名前だけは聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、あまり職業としては知られていない公認会計士について、実は、今後活躍の場が増える可能性がありますので、転職を考えている方、キャリアアップを目指す方の為に、紹介したいと思います。

公認会計士の仕事とは、「監査」業務になります。日本にある多くの企業の中で、証券取引所に上場している企業や大企業について、法律に基いて、健全な経営がなされているかどうか、それをチェックする仕事が監査業務です。企業は監査を受けることを義務付けられており、大事な職業という位置づけになります。

企業の収支を記録した財務諸表をきっちり調べ上げて、内容に詐称やミスがないかを、第三者的立場から徹底的にチェックを行います。そうすることで、企業が粉飾決算をすることを未然に防ぎ、株主が安心して投資できる環境を整え、日本の経済活動を陰で支えています

公認会計士のほとんどが監査法人に属していますが、中には企業に入って、経営や会計のアドバイザーやコンサルティング業務を行っている公認会計士もいます。公認会計士の専門家としての立場から、経営戦略やコスト削減、合併交渉等のサポートを行う等、様々な分野で活躍しています。公認会計士に興味がある方の為に、ここでは、公認会計士の資格をとる方法について說明します。