公認会計士になるには

試験公認会計士になるには、国家試験に合格して、公認会計士の資格をとる必要があります。受験資格は特に設けられておらず、誰にでも門は開かれていますが、その試験は難易度が高いとされ、司法試験等と並んで難しい試験と言われています。

公認会計士の試験は、大きく三つの難関があります。第一段階として、毎年行われる公認会計士の筆記試験があります。まずは短答式(マークシート形式)の試験に合格し、合格した人のみ次の論文式(記述形式)試験を受験することができます。この筆記試験では、会計学、監査論、企業法、租税法の四科目が必須科目であり、選択科目として、経営学、経済学、民法、統計学から一科目を選択します。短答式は年に二度、論文式は年に一度行われます。

筆記試験に合格したら、第二段階として、現場での実務補助経験二年が必要になり、監査法人や会計業務を専門とする企業に入って、実経験を積み、仕事を通して公認会計士としてのスキルや経験を身につけていきます。その後、必要であれば補助所通学を経て、ようやく最終考査として、日本公認会計士協会による「修了考査」を受験することになります。その試験に合格して初めて、公認会計士として登録が可能になります。