公認会計士の社会人講座を活用する

資格をとる公認会計士の資格を取得するまでには、長期的な計画を立てる必要があります。難関と言われる試験ですので、勉強時間も相当時間必要になる上に、いかに効率的に勉強するかが鍵になると言えるでしょう。筆記試験に合格した後も、実務経験や最終考査が控えていますので、勉強は更に何年も続くと覚悟しておく必要があります。つまり、最初の筆記試験に早く合格することが、大切なポイントになります。

できるだけお金をかけずに独学で試験に合格を目指したいと思われる方も中にはおられることでしょう。しかしながら、独学で目指すにはあまりに現実的ではありません。また、中には社会人になってから、キャリアアップを目指すという方もおられます。そんな方は大学や専門学校に通うことはできませんので、社会人講座の利用がお勧めです。

公認会計士の資格取得を目指す社会人講座とは、日中に仕事や家事で忙しい方でも、しっかりと試験合格を視野に入れて作られたカリキュラムを提供している講座のことを言います。公認会計士の試験は一度の試験で必要になる知識が多岐にわたる為、常に試験に則した新しいテキスト等が重要になり、社会人講座では、効率良く勉強できる独自テキスト、カリキュラムに沿って勉強することが可能です。これから目指す方は、ぜひ資料等取り寄せることをお勧めします。

公認会計士になるには

試験公認会計士になるには、国家試験に合格して、公認会計士の資格をとる必要があります。受験資格は特に設けられておらず、誰にでも門は開かれていますが、その試験は難易度が高いとされ、司法試験等と並んで難しい試験と言われています。

公認会計士の試験は、大きく三つの難関があります。第一段階として、毎年行われる公認会計士の筆記試験があります。まずは短答式(マークシート形式)の試験に合格し、合格した人のみ次の論文式(記述形式)試験を受験することができます。この筆記試験では、会計学、監査論、企業法、租税法の四科目が必須科目であり、選択科目として、経営学、経済学、民法、統計学から一科目を選択します。短答式は年に二度、論文式は年に一度行われます。

筆記試験に合格したら、第二段階として、現場での実務補助経験二年が必要になり、監査法人や会計業務を専門とする企業に入って、実経験を積み、仕事を通して公認会計士としてのスキルや経験を身につけていきます。その後、必要であれば補助所通学を経て、ようやく最終考査として、日本公認会計士協会による「修了考査」を受験することになります。その試験に合格して初めて、公認会計士として登録が可能になります。

公認会計士の資格取得

公認会計士公認会計士とは、どんな仕事で、どのように資格をとるかご存知でしょうか。そもそもどんな職場で活躍することができるのでしょうか。名前だけは聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、あまり職業としては知られていない公認会計士について、実は、今後活躍の場が増える可能性がありますので、転職を考えている方、キャリアアップを目指す方の為に、紹介したいと思います。

公認会計士の仕事とは、「監査」業務になります。日本にある多くの企業の中で、証券取引所に上場している企業や大企業について、法律に基いて、健全な経営がなされているかどうか、それをチェックする仕事が監査業務です。企業は監査を受けることを義務付けられており、大事な職業という位置づけになります。

企業の収支を記録した財務諸表をきっちり調べ上げて、内容に詐称やミスがないかを、第三者的立場から徹底的にチェックを行います。そうすることで、企業が粉飾決算をすることを未然に防ぎ、株主が安心して投資できる環境を整え、日本の経済活動を陰で支えています

公認会計士のほとんどが監査法人に属していますが、中には企業に入って、経営や会計のアドバイザーやコンサルティング業務を行っている公認会計士もいます。公認会計士の専門家としての立場から、経営戦略やコスト削減、合併交渉等のサポートを行う等、様々な分野で活躍しています。公認会計士に興味がある方の為に、ここでは、公認会計士の資格をとる方法について說明します。